お風呂に入るのはなぜ?

日本人は、一年中季節を問わずにお風呂に入る(湯船につかる)習慣があります。

では、なぜお風呂に入るのでしょうか?

それは、身体を洗って清潔にするためだけではないようです。

お風呂は日々の仕事や勉強の疲れを癒やし、ホッとできる唯一の場所です。

お湯にゆっくりつかって身体を伸ばすと、緊張がほぐれて身体が軽くなり、昔からこの入浴こそがストレス解消につながると言われております。

また、身体を温めることにより血液の循環が良くなり、新陳代謝も活発になるためダイエット効果もあり、冷え性の予防にもなります。

毎日の生活の中で、お風呂を有効活用することで心も体もリフレッシュ!

24時間風呂は、そんな現代人のために作られたとっても便利な電化製品なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加