お風呂の適度な温度

江戸っ子は、熱いお湯が好きだと言われていますが、銭湯のお湯はすごく熱いですね。

果たしてこの、熱いお風呂に浸かるのは身体に良いのでしょうか?少し疑問におもいませんか?

実は、熱いお湯につかった場合は、血圧が一気に上昇してお風呂から上がると血圧が一気に降下します。

これは、正にヒートショックと同じ状態ですので身体に良いわけはありません。急激な温度変化に脳や心臓が絶えられずに死亡事故に繋がることもあります。

では最適なお湯の温度はと言うと、37~38度くらいの丁度良いようです。普段、40度以上のお風呂に入られている方には、ぬるすぎると思われますが、この位の温度のお湯に少し長め(10分)ほどつかる方が、40度以上の熱いお風呂に浸かるよりも身体が芯から温まるのです。

24時間風呂の場合は、メーカーによって多少ことなりますが、一般的に36~45度くらいの間で温度を設定できますので、丁度良い温度に設定することができます。

また、電気代の節約にもなりますので身体に良いだけでなく省エネにもつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加