ヒートショックの予防に24時間風呂

ヒートショックと言う言葉をご存じでしょうか?

真冬に起こる事故で多いのが、このヒートショックですが、暖かいところからお風呂場やトイレなどの寒いところに移動した際に、急激な温度差により起こる事故で、年間に約10,000人の方が亡くなられています。

このヒートショックとは室温の変化により、血圧が急激に上昇したり下降したり、心拍数が早くなったりする状態で、室温の変化にさらされた人間の体は体温を一定に保つために、血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。

ヒートショックは、心筋梗塞や脳血管障害など思いがけない事故につながります。

近年はヒートショックの予防に浴室乾燥機を利用して、予め浴室を温めておくご家庭も多いようです。

24時間風呂を設置していると、お風呂場は浴槽の温かい熱がフタを通して浴室全体を温める効果があります。

冬のヒートショックを予防する意味でも24時間風呂の利用は便利なようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加