24時間風呂の電気代について

24時間風呂は、お風呂掃除などの手間が省けてとても便利な家電製品ですが、熱源で電気を使用する製品がほとんどですので、電気代は高くなります。

また、その逆に水道代やガス代は安くなります。使用されるご家族の人数によってもランニングコストの計算は変わってきますが、大人数でない場合は、24時間風呂を使用された場合の水道光熱費の合計額は多少高くなるようです。

気になる電気代ですが、メーカーや機種、また地域によっても異なってきますが、1日当たりの電気料金の目安として150~200円程度かかります。

季節によっても変わってきますので、150円~200円と言うのは、年間の平均での金額ですので、単純計算で1ヶ月当たりの電気料金が5、000~6,000円くらいプラスになると思います。

24時間風呂の魅力は、電気代がかかっても掃除の手間がかからず楽なことと、いつでも好きな時に入浴できる点が魅力ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加